calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

Audi TT Coupe 1.8T Quattro(A4) オーディオ交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アウディTTクーペ 1.8Tクアトロ(A4)

 

アウディを代表するクーペモデル!

1.8や3.2に加え2WD、4WDと楽しい構成。

 

重めの重量なので軽快ではないものの、そのパワーは十分です。

 

今回オーディオが壊れて入庫。

新しいヘッドユニットに交換します。

 

 

 

1DINサイズしか入りませんがキレイにインストール可能。

 

 

 

ココ最近、ドラレコの取付依頼が非常に多いです。

万が一の事故や流行りの『煽り運転』に備えましょう。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Audi A4 Avant 1.8TFSI キセノン交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アウディA4アバント 1.8TFSI

 

 

純正キセノンのバーナー(バルブ)が点灯直後に消えて

しまうため入庫しました。

バーナー不良の点検は住んでいたので部品は発注済!

 

 

 

こちらが不良の純正バーナー!

生きている方も合わせて左右の交換です。

 

 

 

交換は純正交換タイプの『PROMINA FLY Series』です。

かなりの明るさで人気がございます。

 

 

 

気になる明るさは・・・

ご覧のように眩しすぎて直視出来ません←当たり前

 

 

 

アジア製の低価格を選んで後悔するより、安心の日本製が一番です。

 

ご興味ある方はご連絡下さい。

お待ちしております。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Audi A4 Avant(B7)2.0TFSI Quattro オーバーヒート

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アウディA4アバント 2.0TFSI クアトロ(B7)

 

 

オーバーヒートで入庫しました。

水温130℃を超えたようです・・・

サーモスタットの不具合がありそうなので点検していきます。

 

 

 

サーモスタットはオルタネーターの奥です。

手前にあればすぐに点検できるのに・・・

 

 

 

吹きこぼした跡も残っています。

オーバーヒートは無視できない修理なので、水温計が上昇していたり

水漏れや水温の警告灯には十分に注意していて下さい。

 

 

 

本当にアウディの修理が重なっています(汗)

順番に作業を行っております。

お待たせしておりますがご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


Audi S4 Avant(B8)3.0Quattro 車検整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アウディS4アバント(B8)

 

 

333PSの3.0エンジンはトルクも太くよく走ります。

雪道が全く怖くない4駆性能で、レジャーやスポーツにも使えます。

 

K様も毎週スキーに行かれるのでお気に入りのようです。

 

 

 

A4アバント(B8)3.2FSIと比較してもその馬力さは歴然!

68PSの違いは大きいですね。

もちろん2.0TFSIや3.2FSIでも十分に走れます。

 

 

 

ココ最近、アウディの車検や修理が非常に多いです。

クルマ屋さんあるあるです。

 

同じ車が続くんです!!!

 

 

今日は酷暑が戻ったような暑さ(汗)

名古屋も36℃!湿度もプラスされて異様な暑さとなります。

 

頑張って乗り切ります。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 

 


Audi A4 Avant 2.0TFSI Quattro エンジン不調

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アウディA4アバント 2.0TFSIクワトロ

 

 

エンジン不調で入庫。

さらにエンジンオイルが減るとのこと。

 

さっそく点検です。

エンジン不調は点火プラグの交換で解決!

 

オイル食いはPCVバルブだと思われます。

 

 

 

PCVバルブとは、ブローバイガス還元装置です。

クランクケース内に溜まったブローバイガスをマニホールドの負圧を利用して

再度燃焼させるために燃焼室へ戻す働きをします。

流用量が多いとオイルミストも同時に吸い込み燃焼室へ送るため

白煙を吐き、オイルの消費も早くなります。

 

 

 

こちらがPCVバルブ!

社外品も多く出回っていますが、商品の特性上純正パーツを使うことをオススメします。

パッキンからオイル漏れや、負圧がかからないなど粗悪な社外品でよく起こります。

 

安物買いの銭失い

 

にならないようプロにしっかり相談しましょう。

 

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Audi A3 SportBack 1.4TFSI シフトが入らない・・・

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アウディA3スポーツバック1.4TFSI

 

 

シフトが入らなくなりレッカーで入庫!

さっそくリフトアップして点検してみます。

 

 

 

Sトロニックよりかなりのオイル漏れが。。。

オイル漏れの修理も必要ですが、メカトロも心配です。

またミッション内の不具合の場合はかなりの高額修理となります。

 

順番に点検していきます。

 

 

 

SトロニックやDSGのトラブルは本当に多いです。

Dへ持ち込むとASSY交換となり目が飛び出るほどの見積もりになります。

※トラブルを避けるため

 

オイル交換やクラッチ交換などで直る場合が多いのでまずはご相談下さい。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Audi A4 Avant 2.0TFSI Quattro DSGオイル交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アウディA4 アバント 2.0TFSI クワトロ

 

 

DSGオイルの交換。

VWやアウディでもっとも重要なポイントです。

 

ジャダやオイル漏れ、前後まったく動かないなど

軽症から重症まで症状も様々です。

 

オイル交換は予防の一つの方法です。

 

 

 

 

MOTUL Multi DCTF

G052 182 相当、TL52 182 相当

アウディの認証を通っているオイルなので安心です。

 

 

 

DSGの不具合はディーラーで直すと、驚きの価格となります。

まずはご相談下さい。

 

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Audi A4 Avant 2.0TFSI エンジンチェックランプ点灯

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アウディA4アバント 2.0TFSI

 

 

エンジンチェックランプの点灯で入庫しました。

さっそく各部点検をしていきます。

 

 

 

チェックランプの点灯は車検が通りません。

必ず整備をしてクリーンな状態で受検を行いましょう。

 

 

原因はPCVバルブですね。

他にもある可能性もあるので慎重に点検していきます。

 

PCVバルブとは、クランク内に溜まったブローバイガスをインテークマニホールドの

負圧を利用して吸収させ、再びエンジンの燃焼室へ戻すもの。
これにより、ブローバイガスを大気に放出することを防いでいます。

ブローバイにより汚れると、動きが悪くなったり、間違った信号を

コンピューターへ送るためチェックランプを点灯させます。

 

どんなお車でもよく起こる症状です。

 

 

エンジンチェックランプ

ABSランプ

エアバックランプ

シートベルト警告灯

 

点灯している方はお気軽にご相談下さい。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 

 

 


Audi A4 Cabriolet (B6)タイミングベルト交換、ウォーターポンプ交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アウディA4カブリオレ  (B6)

 

 

冷却水漏れで入庫です。

漏れているのはサーモケース・・・

付いている箇所がタイミングケース内なので、ウォーターポンプと

タイミングベルト一式を同時交換します。

 

ご覧のようにバラバラ状態にしないとサーモケースにアクセス出来ません。

 

 

 

このメカメカしさが、私は大好きです。

 

 

 

中央右側がウォーターポンプ。

その左側の黒いケースがサーモケースです。

 

 

 

これから夏を迎える上で、水漏れやオーバーヒート対策は

しっかりしていきましょう。

 

まずは駐車場の下をチェック!!!

 

 

輸入車修理で困ったことがあればぜひオートリーゼンへ!!

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Audi A4 Avant 2.0TFSI フロントガラス交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アウディA4アバント 2.0TFSI

 

 

飛び石によりフロントガラスにヒビが入ったため交換です。

現代のクルマは貼り付けタイプです。

 

 

 

カーテンエアバックやオートライト、レインセンサー、ETCアンテナなど

気をつけながらの作業となります。

 

 

 

テープを貼っていますが、どんどんヒビは広がったようです(汗

 

 

 

トラックやスポーツカーの後は、可能な限り車間距離をとりましょう。

ちょっとした注意が飛び石を予防出来ます。

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


| 1/11PAGES | >>