calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

AlfaRomeo GT 2.0JTS 車検整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ GT 2.0JTS

 

 

車検にて入庫!

アルファ156をベースに、快適さとエレガンスを兼ね備えたスポーティーカーという

新しいコンセプトに基づいて開発され、カロッツェリアの名門ベルトーネ社が

デザインを担当しアルファロメオスタイルセンターとの共同作業によって誕生。

セダンのようなクーペのような斬新なデザインですね!

 

さてさっそく整備にかかります。

 

 

 

ドライブシャブーツがパックリしているので交換。

ブーツ類の破れは検査官がしっかりチェックしているので放置はNG!

 

 

 

ここ数年、修理依頼が恐ろしく増えております。

代車待ちや修理待ちでご迷惑をお掛けしております大変申し訳ございません。

 

全スタッフが全力で進めておりますのでご理解のほどお願い致します。

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


AlfaRomeo CORSE GTV 2.0 V6tarbo エンジン不調

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アルファロメオ コルサ 2.0V6ターボ

 

Alfa Romeo CORSE GTVがエンジン不調で入庫致しました。

ECUの変更により、ノーマルより34馬力UPの235馬力!

ロッソアルファのボディカラーもよく似合っていますね。

 

さっそく点検です。

 

 

 

プラグの焼け具合などをチェック。

診断機ももちろん使用します。

 

 

 

原因はクランク角センサー!

このセンサーは多くの車に付いており、クランクシャフトの基準位置と

回転角及びエンジンの回転数を検出しています。

カム角センサーは、気筒判別信号として各気筒を判別し、電子燃料噴射システムに

おいて、燃料噴射や点火時期制御のベース信号となります。

 

 

テストドライブをして問題なければ終わりです。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Alfaromeo GT 2.0JTS ヘッドライト交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ GT 2.0JTS

 

 

車検見積もりでご来店。

ヘッドライトは曇りが酷く持ち込み中古部品へ交換。

ヘッドライトの黄ばみ、曇、結露は光量が落ちますので夜間走行は危険です。

しかし新品だと片側7〜8万、場合によってうん十万することも・・・

中古部品でも品質がよければ全く問題ありません。

 

 

 

交換はフロントバンパーを外しますので素人では中々出来ません。

安く済ませようとして・・・壊したら意味ないですよね。

 

 

中古、新品(純正、社外)の持ち込み修理対応も可能です。

※部品の保証は一切致しません

 

しかし注意も必要です。

中華製やアジア製の部品は粗悪品が多いです。

特にパッキン等は数ヶ月で同じ場所からオイル漏れすることも・・・

組み付け後にトラブルが出ても責任を持てませんので予めご了承下さい。

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Alfaromeo 159&Brera

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ 159 2.2JTS セレ エレガント

アルファロメオ ブレラ2.2JTS

 

パワーウインドレギュレータ交換とエンジンオイル交換でご来店。

偶然にも同じフェイスが重なりました〜

 

外観デザインは巨匠『ジョルジェット・ジウジアーロ』です。

リアのラインは特に拘りヒップラインは男性を虜にしますよね。

 

 

 

 

アルファロメオの修理もオートリーゼンへお任せ下さい。

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


Alfaromeo Giulietta Sportivaエアコン点検

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ

 

 

これだけ暑いと車もおかしくなりますね(汗)

自動車を乗る上でエアコンは切っても切れない関係です。

もちろん最初からない車は覚悟があるので大丈夫!

しかし標準装備のエアコンが壊れたとなると話は別です。

 

ガス圧、制御系、漏れなどしっかり点検を行います。

 

 

車もバテますが、整備するスタッフもバテます。

水分、塩分補給して定期的な休憩で頑張ってもらっています。

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


AlfaRomeo GT 2.0JTSセレ スポルティーバ2シート修理

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオGT 2.0JTSセレ スポルティーバ2

 

2ドアでハッチゲートを持つGTのデザインはベルトーネ!

そのデザインセンスには驚かされました。

 

さて今回は一年点検とタイミングベルト交換でご来店。

同時に以来のあったシートバック修理です。

2ドアなので後席に乗り込むときは運転席、助手席のシートを

前へ倒さなければいけません。

そのレバーがワイヤーが切れたことにより動かない・・・

さっそく交換修理に入ります。

 

 

 

 

シートフレーム奥に見えるのが切れたワイヤーです。

シートを分解して交換していきます。

 

 

 

利用頻度が高いと故障の可能性も高くなります。

乗り降りには欠かせないですからね。

 

シート修理や張替えなど、ご要望がありましたらオートリーゼンまで!

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


Alfaromeo159 2.2JTS セレスピード エレガント車検整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ159 2.2JTS エレガント

 

 

車検整備で入庫した159。

2005年にジュネーブで発表された巨匠ジウジアーロのデザインです。

GMと共同開発されたプラットフォームで今までにない重量感のあるモデル。

 

車検整備に入ります。

エンジンオイル、エレメント交換や冷却水漏れの修理。

フロント廻りをゴッソリ外さなければ交換出来ません。

 

 

 

入社半年の藤吉も頑張っています!

実務経験15年以上でガソリン、ディーゼル2級の有資格者。

頼りにしてますよ。

 

 

 

 

新品ラジエターです。

ラジエターはタンク部の樹脂の劣化が原因で割れ漏れることが多いです。

コストを考えると仕方ないことですが、漏れない一体物がいいですよね。

 

 

 

今年度も残すところ9日!

出来る限り急ピッチで作業致しますが、陸運局が恐ろしく混んでいますので

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Alfaromeo Giulia GIULIA QUADRIFOGLIO 2.9T V6 510ps納車整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオジュリア クワドリフォリオ2.9T

 

納車整備です。

このジュリアは正規輸入されなかったMT車です。

生産期間は1年半のため、日本に輸入された個体も10台前後です。

510馬力のモンスターマシン!

乗りこなす楽しさがありますよね。

 

M様、納車までもうしばらくお待ち下さいませ。

 

さてエンジンオイル交換です。

 

 

 

使うオイルはMOTULの300V-Trophyです。

高スペックのエンジンに合わせて納車整備でも300V!

 

 

 

輸入車の販売修理はオートリーゼンまで!

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Alfaromeo159SportWagon 2.2JTS セレスピード ti 納車整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオ 159スポーツワゴン 2.2JTSセレ ti

 

 

ストロンボリグレーの159W

アルファレッドやブラックのイメージが強いですがとても良い色です。

tiモデルは通常モデルより20Kgの軽量化に加え、新たに電子制御式Q2を装備。

VDC(ヴィークルダイナミックコントロール)の新機能である個別ブレーキ制御機能を

利用することで、LSDのようにタイトコーナーなどでの駆動性能を一段と向上させる。

外輪への有効な駆動トルクが確保、コーナーからの脱出速度が高まります。

 

さて納車整備中の159ですが、アルファではよくあるブレーキキャリパーの色褪せを

再塗装して復活させます。

厳密にいうと表面のクリアが劣化し色褪せているように見えます。

通常はクリアを剥離して吹き直せば復活するのですが、残念ながら1度きりの方法。

今回は綺麗に塗装していきます。

 

 

 

清掃、下地、塗装、ディケール貼り、クリアの行程です。

まずは1度目の下塗りが完成。

 

 

 

K様、お待たせしておりますが順調に進んでおりますので、楽しみにお待ち下さい。

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


Alfaromeo GT 2.0JTS ショックリフレッシュ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

アルファロメオGT 2.0JTS

 

 

少し異色なデザインはベルトーネによって手がけられたもの。

斬新なクーペモデルと言えるでしょう。

 

さて今回はショックのリフレッシュで入庫です。

純正からBILSTEINに変えられており、4輪共オーバーホールすることに。

そのままのセッティングで、オイル・シール類の交換及び内部クリーニング
ロッドのみのストローク変更加工を含みます。

乗り心地、しなり、吸収など新品のように戻ります。

 

 

 

スウェーデンカラーがチラリと見えるのがいいですよね♫

 

 

 

ビルシュタインのオーバーホールやセッティングはオートリーゼンまで!

 

好きな車と、暮らそう。

 

AUTORIESEN

 

052-774-6151

auto@riesen.co.jp

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 


| 1/13PAGES | >>