calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

Audi TT Coupe 1.8T 燃料ポンプ交換

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

アウディTTクーペ 1.8T

 

 

先日レッカーで入庫したTT!

エンジンがかからないので点検した結果、燃料ポンプでした。

さっそくリアハッチを開けて交換です。

 

 

 

燃料ポンプはリアシート下にあります。

真夏の作業では酔ってしまいます(汗)

 

 

 

 

ここ数日で燃料ポンプ交換が4台です(驚)

事前に兆候があればいいのですが・・・

突然死する代表的なパーツです。

消耗品と割り切って、交換することをオススメします。

 

 

 

燃料を常に少なくしないこと!

これだけでも寿命が長くなりますよ。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


BMW M3 (E46)修理

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

BMW M3(E46)

 

 

冷間時にエンジンルーム異音とクラッチが滑っている

ような感覚の力不足があり入庫です。

 

調べてみると冷間時にパワー不足が感じられます。

クラッチや異音は関係なさそう。

 

燃圧が少し低いので、お客様と相談の結果交換することに!

 

 

 

交換が終わったので試運転をしてきます!

 

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン

 

 


Renault Sports Spider パラット化作業開始

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

ルノー スポールスピダー

 

 

パラット化、第5段です!

 

ウォータートレイやフロントカウル、ダッシュと

カーボンで制作されいます。

エンジンフードも冷却効果を高めるために加工しています。

 

 

楽しみです。

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


Renault Sports Spider 5台目です

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

ルノー スポールスピダー

 

 

パラブリーズからソットヴァン化です。

オートリーゼンではすでに4台のパラットを生んでおります。

新たに仲間入りとなるパラット!

 

カーボンフロントカウルにエアロスクリーン!!!

楽しみです。

 

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


Mercedesbenz 300TE 4Matic(W124)納車整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

メルセデスベンツ 300TE 4Matic

 

 

人気のTモデル(W124)

もっともベンツらしらのあるボディや機関です。

 

ツインカムになる前のシングルカム!

直6エンジンは当時のベンツらしさで粘りがあります。

 

さて

納車整備の中でオイル漏れが気になったのでしっかり修理です。

 

よく起こるシリンダーヘッドガスケット交換です。

同時にヘッドの面取りもします。

 

 

 

ご購入頂いたK様は、現在もW124を所有されており

乗るべき人が買われました。

しかも当時4Maticを乗られており、あの時の良さが忘れられない

ので復活ということですね。

 

 

 

大切にお乗り頂けるよう、しっかり整備致しますのでご安心下さいね。

 

楽しいクルマに安心して乗れる!

そんな整備を常々心掛けております。

 

どんな修理もお任せ下さい!

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


Fiat Panda Clx サス交換、AC修理

JUGEMテーマ:車/バイク

 

フィアット パンダ

 

 

サスの交換と、エアコン修理で入庫!

 

初代パンダ(セリエ1)

元々はスペインのセアト社で生産されていました。

1983年にセアト社の株の売却により・・・セアト社とフィアット社が

法定闘争にまで発展(汗

前後の形状と車名を変えることでフィアット社で生産の継続が許されました。

 

それから2代目、3代目(現行)へと続いています。

 

初代の4×4で状態の良い個体があれば欲しいですね。

 

 

 

圧力センサーを交換!

圧を正常に測れなくなるとコンプレッサーを止めてしまいます。

もちろん保護するためなので決して『ジャンプ結線』しないで下さい。

 

 

 

 

サスが抜けたので、ザックスへ交換。

車体の沈みこみが大幅に軽減されましたね。

 

 

 

 

イタリア車

フランス車

ドイツ車

スウェーデン車

アメリカ車

国産車

なんでもお任せ下さい。

 

他社で購入され、転勤などで修理工場に困っている方!

 

ぜひオートリーゼンへ!!!

 

 

AUTORIESEN 中島

 

052-774-6151

 

auto@riesen.co.jp

 

 

 

最新情報から珍しい車の情報、とにかく楽しい


オートリーゼンBlogも、ぜひご覧下さい。

 

 

UAZといえばオートリーゼン

VW T6 Californiaといえばオートリーゼン

輸入車の修理といえばオートリーゼン


| 1/401PAGES | >>